( ^ω^)バール(のようなもの)

現行がおろそかになっている作者のブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホラー短編祭感想~最終夜~ その2 

正直に言おう!
息切れしてきたwwwwwww
感想やるって結構大変なのねー。


最終夜その2ドゾー。



デコレーション

( ^ω^)はデコレーションするようです
◆tOPTGOuTpU

綺麗さんの作品。

ブーン・・・狂っとる・・・!!

スイスイと読ませる文章力はさすが。
心理描写もしっかりしてるから、物語に引き込まれます。
そのおかげで、ところどころに見られる誤字脱字も気にならなかった。

「ト書き」っていうのは演劇用語ですね。
脚本に書いてあるヤツで、役者の動きの指示のことです。
知らない人は知らないんじゃないか?

ん?ドクオは男の弟じゃないのか??
じゃあ後半の展開の意味がわからん。
俺の読解力がないのか、作者の説明不足なのか・・・。

男とブーンのキャラがうまく掘り下げられてるのに、
あの展開はもったいなかったんじゃないでしょうか。




夢現つ

(,,゚Д゚)は夢現つなようです
◆lVjWriLvDM

今回の祭りで他の作品とタイトルが被ってしまったという、悲劇の作者さんです。

夢の中のあの不条理さがうまく表現できてると思います。
夢の中ってホントわけわかんないよねー。
空飛べるのがデフォだったり、場面の無茶な切り替えにもすんなり受け入れてたり。

自分は小さい頃から、40℃の熱を出すと必ず見る夢があります。
今度夢占いでもしてもらおうかしら。

ところで、元凶はあの「部屋」だったんでしょうか。
ギコとブーンはつながっているように見えます。
あの部屋を利用していた者にかかる呪いのようなもの?

「伝染する恐怖」なんてのも描けたかもしれませんね。



クオリア

( ^ω^)訳が分からないままクオリアと戦うようです
◆QKUx.aNga2

哲学的ホラー(?)ですね。
はて?クオリアってなんだっけ?
早速ググりました。ああ、大学でやったなこういうの・・・。

こういうホラーで安易にAAを使うのはオススメしませんね。
安っぽさを感じる。
「ククク・・・」なんてのも少し陳腐すぎやしないだろうか。

あと、この仕上がりだと哲学用語をひけらかしたいだけと思われても仕方ない。
哲学ゾンビの解説を入れちゃったりね。
物語として面白みに欠ける。

題材が題材なだけに、( ^ω^)が少しずつ壊れていくサマを描いていけたらよかったんじゃないでしょうか。

結論:読者置いてけぼり。辛口でスマン。


教授から聞いた話で、こんな話を思い出しました。

被験者を10人程用意します。
そのうち9人はサクラです。やらせです。
本当のターゲットは一人だけです。
被験者の人達に赤い林檎を見せ、質問します。

「この林檎は何色ですか?」

被験者は順番に答えていきます。

( ^ω^)(何色てwwww赤に決まってんだろwwwwwwwwww)←ターゲット

ξ゚⊿゚)ξ「緑です」←サクラ

( ^ω^)

('A`)「緑だな」←サクラ

(;^ω^)

(´・ω・`)「どう見ても緑だよね」←サクラ
  _, ._
(;^ω^)

「はい次の人ー。答えて下さーい」

(;^ω^)「……」


( ^ω^ )「緑です」


多対一だと、自分の感覚を疑ってしまうんですね。
なーんてコトを延々と繰り返させて、被験者の感覚をホントにおかしくさせてしまう悪魔の実験があったそうな。人間ってコワイナー( ;∀;)




頑張るようです

(´・ω・`)と( ^ω^)と从'ー'从とξ゚⊿゚)ξがなにやら頑張るようです!
◆EZDlE/UNTI

二作目ですね。

・・・よくわかんねぇ・・・。
( ^ω^)系小説読者に受け入れられることはないだろうな、と思います。
まぁ作者も「そんなの関係ねー!!」という気概で執筆してると思うので。



怖い話

( ^ω^)ブーンが怖い話を聞くようです
◆oNwoV/bH1k

巨大ロボの作者さんですね。

えええええええええコレで終わりかよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

管理人不在という、wktkな伏線もあったのに・・・。
祭り中、最も続きが気になる作品です。
未完成だから当たり前か。

語り口調で進められるオムニバス形式です。
どれもほんのり怖くて読みやすい!
作者の狙い通り、ゲームをやっているような懐かしい感覚がありました。

①ジョルジュ
暗闇を怖がるっていうのは、原始的な恐怖ですよね。
そこから更に不安を煽るような描写・・・うーん怖い。

②ショボン
実は死んでました、なんて設定はよくありますが、
主人公がソレを承知で会いに行くってのは珍しい。発想勝ち。ゾクッとした。

③ツン
上の二つと比べると少し安易かな?
ネタはいいけどオチが弱い。

それと、あまり人様のミスを指摘するのは好きじゃないのですが、
作者さんのこれからを思って。

↓ショボンのパートより
まあ、友達の少ない奴だったから、人肌恋しくなったんじゃないのかな。

友達相手に人肌恋しくなっちゃダメです。なんだかksmsな気配がします。
人肌恋しいとは、恋人に抱きしめてほしいとか、人肌のぬくもりとか。
この場合は「人恋しい」ですね。

で、製品版はどこ????
コレは間違いなく続きを書いて欲しい作品。
スポンサーサイト
( 2008/05/10 20:41 ) Category ( ^ω^)オススメ・感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。